あると便利!おすすめ調理器具①

きままなコック
今回は、料理をするうえで、用意しておくべき調理器具や、あると便利なおすすめの調理器具を紹介します。まだお待ちではない調理器具がありましたら、ぜひこの機会にいかがですか?

おすすめの調理器具

ジオ鍋(片手鍋)

ジオ鍋は、側面の汚れが付きにくく汚れが取れやすい上に、煮る、炒める、ゆでる、揚げる、焼くなどに加えて、蒸し茹でや、炊飯もできます。また保温性が高いのも特徴です。熱伝導率が高く、食材に素早く火を通すことができるので、調理時間を大幅に短縮することができます。数多くの飲食店でも使われている優れた調理器具です。『宮崎製作所』さんのジオ鍋は、15年保証が付いており、安心して使うことができます。まだお待ちではない方がいましたら、胸を張っておすすめします。

 

ジオ鍋(パスタポット)

パスタポットは、名前のとおり、パスタを茹でる際に使用します。パスタを茹でるところから、水切りまでこの1台で完結するのでとても便利です。また、中の網の部分は取り外しが可能ですので、取り外して、カレーなどの煮込み料理や、スープを作る際にも使用できます。片手鍋同様、15年保証が付いていますので、安心して使うことができます。こちらも胸を張っておすすめします。

 

ゴムベラ

ゴムベラは、材料を混ぜる際や、炒める際に使います。特に、ケーキやチョコレートといった、お菓子作りをする方にとっては欠かせない調理器具です。ボウルについた材料をゴムベラを使うことによって、キレイに取ることができます。ゴムベラは、大きいサイズと小さいサイズの2つのサイズを購入して、用途によって使い分けることをおすすめします。

 

 

木ベラ

木ベラは、材料を炒める際や、煮込む際に使います。特にカレーやシチューといった、煮込み料理をする際に活躍します。菜箸(さいばし)で、炒めていたものを、木ベラに変えることで炒めるのが楽になります。木ベラを使用する際は、水で濡らしてから使ってください。食材の色や匂いが付くのを防げます。

 

カード(多機能ヘラ)

カードは、みじん切りにした材料や、ボウルについた材料を集める際に使います。カードを使うことで、飛び散った材料を簡単に、素早く集めることができますので、調理時間の短縮に繋がります。サイズも、大きくなく、薄っぺらいため、かさばらずに収納できるので、おすすめです。

 

ターナー(フライ返し)

ターナーは、食材をひっくり返す際や、食材をお皿に盛り付ける際に使用します。特にハンバーグを焼く際や、卵焼きを巻く際に大活躍します。ターナーを使用することで、簡単にキレイに食材をひっくり返すことができるので、おすすめです。

 

トング

トングは、食材を焼く際や、盛り付ける際に使います。特に、ステーキを焼く際や、サラダを盛り付ける際に大活躍します。菜箸(さいばし)で、盛り付けていたのを、トングに変えることで、簡単に効率よく盛り付けることができます。

 

穴あきおたま

穴あきおたまは、茹でた食材をすくう際や、揚げ物のカスを取り除く際に活躍します。また、鍋料理などで、食材だけ取り出したいときに便利です。穴あきおたまを使用することで、ざるを用意せずに水切りができるため、調理がスムーズになります。

 

横口レードル

横口レードルは、ソースやスープの盛り付けに使用します。名前のとおり、横に口が付いているので、ソースやスープを注ぎやすくなっています。キレイにソースを盛り付けられるようになると、料理がより一層楽しくなります。横口レードルは、大きいサイズと小さいサイズの2つのサイズを購入して、用途によって使い分けることをおすすめします。

 

 

こし器

こし器は、スープやソースを作る際に使用します。こし器を使用することで、クリーンに仕上がります。また、プリンを作る際に使用することで、口どけなめらかになります。自宅でラーメン作りや、出汁を引く方には特におすすめです。

 

耐熱容器

耐熱容器は、電子レンジなどで食材を温めたいときに使用します。最近では、電子レンジで作る料理が増えていて、耐熱容器は、とても重宝されています。ボウルとしても使用できますので、持っているととても便利です。小・中・大・特大と様々なサイズを用意して、用途によって使い分けることをおすすめします。